水着を選ぶ時に重要なポイント

水着選びのポイント

夏になると水着を着てプールや海に入りたくなる女性が多いと思います。自分の体型に合わない水着を選ぶと、隙間から贅肉が見えたり、体に水着がフィットしません。また、陸上と異なり、水中の圧力で水着が縮むことがあります。胸を圧迫し、呼吸が苦しくなる原因となり、水中で体を動かせなくなるでしょう。さらに、長年使っていた水着を着た際に、生地が伸びて今の体型と合わないことがあります。これは、時間が経過し、生地自体の伸縮性が衰えたためです。伸びきった状態の水着では、肥満体型に見え、老けた印象を与えます。そのため、現在の自分のサイズに合った水着を選びましょう。 次に、バスト・ウエスト・ヒップサイズをそれぞれ計測しますが、バストとヒップサイズが水着の表示サイズと異なることがあります。例えば、バストが80㎝、ヒップが100㎝の女性は、MサイズかLサイズのどちらに合わせれば良いのか迷うでしょう。バストに合わせた水着を選ぶと、お尻が合いません。この場合は、ヒップのLサイズに合わせた水着を選ぶのがポイントです。水の中でもゆったりと動け、無理なく泳げます。また、全体バランスを調整する場合は、バスト部分に大きめのフリルやレースが着いた水着がおすすめです。バストとヒップの大きさが揃い、胸に自信がない女性でも、体型をカバーします。